若者 年賀状離れ。

こんにちは!
去年までは12月23日は休日だったのですが
今や平日。
23日から25日にかけてクリスマスへの盛り上がりがあったのですが
なんとも不思議な感覚。
さて
本日は朝から得意先様宛の年賀状の印刷をしておりました。
年賀状
私個人としてはめっきり書かなくなりました。
私が最後に書いたのはおそらく8年前
当時、絵を描くことにハマっていた私は絵が好きな友人と競い合うために年賀状を送りあったような気がします。
同期がおかしいですよね。
なんで書かなくなったんだろう。
ということで今回は
覚えている範囲で私の年賀状歴史を振り返りたいと思います。
若者の戯言にお付き合いください。
小学生の頃は毎年書いていました。
同じマンションの同級生、親同士仲が良かった友人、祖父母、従兄弟
送ったのはそのぐらいですかね。
そもそも我々平成生まれは友人の住所を知らないことが多いんですよね。
昔は卒業アルバムに住所やらが載っていたらしいのですが
私の頃は個人情報がなんだかんだと言われ始めた時代?で
相手の住所を知る術が直接聞くしかありませんでした。
小学生の頃に
「ねぇ、年賀状送りたいから住所教えてー」
なんて言う考えを持ち合わせていなかったし。
中学生になった頃に年賀状書くのめんどくさいなぁ。って思うようになりました。
多分思春期ですね。
「世間の決まり事なんかに従ってられるかー!」みたいな反抗心があったような…
私も周りもどんどん書かなくなり、今日まで至るといった流れです。
年賀状を送らない理由として
手間がかかるというのもあるのですが
相手の住所を知らないという場合の方が多いです。
むしろ、友人間ならば住所どころか電話番号すらも知りません。
お世話になったバイト先の社員さんも、学校の先生の住所も知りません。
ラインは知ってますけど。笑
年賀状離れの原因は一体何なのでしょうか
個人情報の管理が厳しくなった影響なのか
はたまたズボラなだけなのか
若者世代だけなのか
現代の小学生は年賀状を書いているのでしょうか。
考え出したらきりがないので、本日はこのあたりで。
タイトルとURLをコピーしました