商品開発コンサルティング

製造業者様に新たなる可能性を。
こんなお悩みをお持ちではありませんか?

自社の技術や商品を用いて、新しい商品開発に挑戦したいが、何をすればいいかわからない

生産時に発生するは材を有効活用して商品を作りたい

市場に出回っていない「オンリーワン」な商品を作りたい

 
従来からお持ちの技術や商品をもとに、
新しい商品開発のコンサルティングをいたします。

実績

富士山溶岩

富士山の溶岩を微粉末にして、石鹸や糸に練りこんで靴下などの繊維製品を開発しました。

富士山溶岩

富士山溶岩 粉

富士山溶岩石鹸

 

商品開発コンサルティングの流れ

planning image1

1.カウンセリング
(どんなことができるの?)

企業の持つ技術・設備・商品などを細かく分析して、どのように打ち出していくか。新しく生み出していける商品はないか等の聞き取りや質問をします。

planning image2

2.提案
(こんなものを作ってみたら?)

聞き取りをした内容を基にどのような商品開発をしていくかを数件提案し、方向性を決定します。

planning image3

3.プレゼンテーション
(このように作り、売りましょう)

商品開発の方向性が決まれば、商品の製造方法、販売方法等をプレゼンテーションいたします。

タイトルとURLをコピーしました